ワーホリ ローカルレストランでアルバイト!どれくらい稼げる?給料は?チップは?まとめ!!

カナダの物価は、日本と同じくらいか少し高いくらいです。

しかし、レストランなどの飲食店は日本よりもかなり高いです!

カナダのトロントのレストランでアルバイトしていた時、最高で稼いだ日は、6時間働いてチップ120ドル プラス時給12.2ドルでした!!

チップのほうが給料より多くなることも珍しくなかったです。

カナダのローカルレストランでワーキングホリデーで働いた場合、どのくらいもらえるのか?チップはどのくらいなのか?

カナダ・トロントのローカルレストランでアルバイトをした経験をもとにまとめてみました!!

カナダ ワーホリでの最低賃金はいくら??

僕が働いていたオンタリオ州トロントでは、最低賃金は14ドルでした。しかし、チップがもらえる人の場合は、12.20でした。

チップがもらえるかどうかで最低賃金は変わります。

僕の場合は、チップがもらえるフロントスタッフをやっていたのでチップがもらえてました。なので時給12.2ドルだったのですが、数か月してから14ドルに上がりました!

ただカナダは州によって、最低賃金が変わってきます。

オンタリオ州では時給14ドルでしたが、他の州はどうでしょう

州ごとの最低賃金

・アルバータ州
最低賃金 時給15ドル

・ブリティッシュコロンビア州
最低賃金 時給13.85ドル

・ケベック州
最低賃金 時給11.25ドル

・マニトバ州
最低賃金 時給11.15ドル

・ノースウエスト準州
最低賃金 時給13.46ドル

サスカチュワン州
最低賃金 時給10.96ドル

・ノバスコシア州
最低賃金 時給11ドル

一番高いのはアルバータ州ですね!バンフやカルガリーなど人気都市があります!

一番低いのはサスカチュワン州です!

チップをもらえるかや経験者かどうかでも、時給が変わったりするので気を付けてください!!

チップはいくらくらいもらえるの?

チップに関しては、お店や時期にもよります。

レストランだとお客さんは、会計の約15%をチップとして支払います。

なので単純に考えるとこの15%分をサーバーの人たちはもらうことができます。

お店にもよるかもしれませんが、僕が働いていたところでは、チップの何割かをキッチンのスタッフやお店にも分けていました。

またフロントには、サーバー以外にもホストやサポートなどいろいろなポジションの人がいてその人たちにも分けなければなりません。

なので、単純に15%分もらえることはないかと思います。

僕は、サポートポジションでしたが、チップは平均1時間約10ドル最高は1時間20ドル最低は1時間3ドルでした。

1番チップがもらえた日は、6時間働いて120ドルでした。

その時の時給は12.2ドルでしたが、チップを合わせると、なんと時給32.2ドル!!かなり稼げます。

チップはレストランの場合ポジションによっても変わってきます。

サポートポジションの場合は、平均10ドルくらいでしたが、他のポジションだと、

・ホスト(受付)のひとは3から4ドル程度

・キッチンスタッフは1時間2ドル

サーバーの人は1時間で約20ドルちかくもらっていました。
  忙しい日と暇な日で大きく変わるのですが、イベントの時など1回のシフトで300ドル以上稼いでいる人もいました。

またパブやバーなどのバーテンダーの人などは、1日で500ドル稼いだという話も聞いたことがあります!

そういったポジションにつくにはかなりの英語力が必要となってきます。

僕が働いていたレストランの場合、サーバーの人は、メニューの材料や作り方を覚え説明できるようにし、お客さんにおすすめしたり、アレルギーにも気を付けなければなりませんでした。

またビールやワインなどのお酒も覚えて説明できなければなりません!

日本語なら学べばできるかもしれませんが、英語だと簡単なことではないと思います。

僕がやっていたサポートポジションは、お客さんや他のスタッフともしゃべる機会がありチップもそれなりにもらえたので、ワーホリで英語が完璧ではない自分にとってはちょうどいい仕事だったなって思います。

サポートポジションや、ワーホリでレストランアルバイトでの仕事内容は、こちらの記事で紹介しています!

ワーキングホリデーは立場が弱い!?

ワーキングホリデーをする人は、英語がネイティブスピーカーのようには喋れないので英語の壁があります。

またビザの期限もあるのでなかなか採用してもらうことは難しいです。

最低賃金を守らないお店もありました。僕も仕事を探しているとき、時給10ドルなら雇うと言われたこともありました

仕事を見つけるために、できる限り英語力はつけること、履歴書をたくさん出したくさんのお店に応募することが大事です!

ビザが残り半年を切るまでには仕事を見つけるようにしましょう!

また繁盛期は人で不足になっていることがあるので、そういったタイミングで仕事を探すといいです!

トロントの場合、冬はとても寒くお客さんが減るので、求人しているところは減ってしまいます。逆に夏には忙しくなるので、夏前からは求人しているところも多いです!

他の記事で、アルバイト先の見つけ方や履歴書の書き方も紹介しているので参考にしてみてください!

 

どうやったら稼げる?

チップが稼げるのは、お店や時期によって変わると先ほど述べましたが、どんな時に多くなるのか少なくなるのか、レストランの経験を紹介します!!

お店
チップを多くもらえるのは、お客さん一人当たりの単価が高いお店です!カナダでは、お酒の値段が少し高いので、お酒をよく頼んでもらえるお店もチップがいいです!

なので朝や昼よりも夜のほうが、たくさん頼んでくれてたくさん飲んでくれるのでチップはよくなりますね!
夜のほうがパーティーなども多くいっぱいもらえます!!

ちなみに、カナダ・オンタリオ州でお酒を扱っているお店で働く場合は、スマートサーブという資格が必要です!

参考例題付き!トロントワーホリの方必見!スマートサーブの取り方・合格法

続きを見る

立地
たくさん人が来てくれるほうが、当たり前ですがチップはいいです。観光客が多いところやビジネスマンのお客さんが多く食べに来てくれるところは、割といいですよ!

アジア人のお客さんが多いところは、チップ文化のないお客さんたちなので、もらえるチップはちょっと少ないイメージです。

季節
パティオと呼ばれる外の席、テラス席のような席が多くあります。寒くなってくると、このパティオ席が閉まってしまうのでお客さんの数や回転が悪くなって減ってしまいます。

冬は寒いので観光客の数もだいぶ減りました。逆に夏は観光客も多くチップはよかったです

特に5月から8月は、学校が長期休みに入るので、家族ずれや地元のお客さんも増えました。

8月は、1週間で5回シフトに入りチップの合計は400ドルくらいもらえたこともありました!チップだけで生活できてしまうほどです!

9月になり寒くなるにつれて、少しチップは減っていった感じがしました。

結局どのくらいもらってたの?

給料とチップを合わせると、だいたい2000ドル前後もらっていました!

シフトは週4日程度で、ランチタイムかディナータイムのどちらかで、一日中入ることはあまりありませんでした。

夏はお客さんも多く忙しかったので、たくさんシフトにも入れてたくさん稼げてましたが、冬は暇になる分シフトも減り、チップも減り稼ぐのが難しかったです。

時給12.2ドルチップ平均10ドル弱実質,時給約22ドル 

途中からは時給14ドル+チップ平均10ドル弱=実質,時給24ドル

朝ごはんと夜ごはんの無料のまかないもついてきたので、かなり良いバイトでした!

ちなみにチップは、その日の夜、計算してくれて、夜の片づけのシフトに入っていれば帰るときに、夜入っていなければ次のシフトの時に現金でもらえました。

↓↓こんな感じで袋に入れて毎回現金でもらえました!!↓↓

スポンサーリンク

まとめ

国の物価やチップ文化にもよりますが、カナダでのワーホリは日本より稼げると思います!

オンタリオ州では税金を払う必要はありませんでした。給料から税金は引かれますが、3月に申告をすれば税金は返ってきます!半年働いて約1000ドル返ってきました!

お金がすべてではないですが、素敵な仕事先を見つけてください!

2020/6/19

【カナダ・トロント】ワーホリ体験談インタビュー

カナダのトロントにワーキングホリデーをした体験をインタビューしました。トロントではどんな生活をしたのか、どんなお仕事をしたのか、これからワーホリや留学に行く人にはとても参考になると思います。

ReadMore

2020/6/13

トロントの超おすすめのレストランPizzeria Librettoを紹介!

torontoに行ったら絶対に行ってほしいおすすめレストラン「pizzeria libretto」の紹介です!イタリア料理のお店でピザがメインですが、他にも色々食べることができます。ほんとにおいしいのでぜひ!

ReadMore

2020/6/9

【アイルランド・ダブリン】ワーホリ体験談インタビュー

アイルランドのダブリンにワーキングホリデーをしたこう君にインタビューをしました。ワーホリ中のアイルランドでの生活やどんな仕事をしたのかなどワーホリで参考になると思います。これから留学やワーホリに行く人は読んでみてください!

ReadMore

2020/6/4

【フィリピン・セブ】語学留学体験談インタビュー

今回はフィリピンのセブに短期留学をしたあやさんに留学生活についてのインタビューをしました。 フィリピンは日本から約4時間。 セブにはビーチやダイビングスポット、遺跡など観光スポットが多くリゾート地としても人気で、物価も比較的安いので留学しやすい街です そんなセブでの留学生活についてです! 目次留学をしようと思った理由は?留学先を選んだ理由は?滞在先は??費用は?一番楽しかったことなどいい思い出は?大変だったこと、つらかったこと語学学校はどんな感じ?放課後や休日は?旅行は??留学を行くまでにやっておくべきこ ...

ReadMore

2020/6/1

Netflixで英語勉強がおすすめ過ぎる!学習方法とおすすめ作品紹介

楽しく気軽に英語の勉強をしたくありませんか?この記事ではネットフリックスでの英語学習方法とおすすめ作品を紹介しています。ネットフリックスを利用している人や興味のある人、英語の勉強をしたい人は必見です

ReadMore

2020/6/1

ワーホリ体験談 英語ができなくても働けた?ローカルのお仕事について

英語があまりできないにもかかわらずローカルレストランのホールスタッフとして働くことができました。日本人のいない完全英語環境で大変でしたが、とても貴重な経験ができたのでその時のことを紹介したいと思います。

ReadMore

2020/6/1

ブログ初心者の100記事達成報告!pvは?アクセスも収益も増えない?【留学・ワーホリ】

書き始めてから約3か月、ついに100記事達成しました!同じくがんばっているブログ初心者や100記事目指してブログを書いている人、これからブログをはじめようと思っている人の参考になればいいと思います。

ReadMore

2020/6/4

【オーストラリア・ゴールドコースト】留学体験談インタビュー

オーストラリアのゴールドコーストに約1年ワーキングホリデーをしたタキタキさんにゴールドコーストでの留学生活についてインタビューしました。これから留学に行く人など参考にしてみてください

ReadMore

2020/5/31

旅行失敗談から学ぶ|スーツケースにシール・ステッカーを貼る理由!

空港でシールやステッカーをたくさん貼ったスーツケースを持っている人をよく見かけますよね かっこいいとかダサいとか人それぞれあるとおもいます。 僕はキャリーケースに今まで行った国のステッカーとバンドマンが好きなのでバンドのステッカーを貼ってます!!natsu 僕が留学で実体験したことをもとにステッカーを貼るメリットを紹介します! 留学であった空港でのハプニング カナダのトロントに留学に行ってきました。 1人で行き、東京から中国、アメリカと乗り継いでトロントにつきました。 トロントに着いてスーツケースを取りに ...

ReadMore

2020/6/1

英語は伸びない?1か月のアメリカ短期留学・失敗体験談

夏休みや春休みなど、長期間の休暇を利用して海外留学に行くこと人が多いと思います。 筆者である僕も大学の春休みに短期留学に行ってきました。 natsuアメリカのロサンゼルスに約1か月間行ってきました! 短期留学ではなにをしたか?英語は伸びたか?など、僕の経験をいろいろ紹介したいと思います。 ロサンゼルスでの生活 アメリカ西海岸にあるロサンゼルスは、ニューヨークに次いで人口の多い都市で見どころ満載の都市です。 語学学校 約1か月間の留学では語学学校に通い、学校の寮に滞在していました。 学校はMentorという ...

ReadMore

© 2020 マイトラベル雑記 Powered by AFFINGER5